緑色の太陽―芸術論集 (岩波文庫)

4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
著者 :
なすさん    読み終わった 

詩について、彫刻について、光太郎の考えが分かりやすく素直な言葉で表現されていました。
特に、p.209に載っている書「うつくしきもの満つ」。非常に光太郎らしい言葉だと思いました。
また、本書では生化学者オパーリンが思いがけず登場します。生命の起源の研究に少し関係があった私としては、嬉しい出合いとなりました。

※詩ではないのですが、詩人の著書ということで、詩のカテゴリにいたしました。

レビュー投稿日
2013年5月6日
読了日
2013年5月6日
本棚登録日
2013年5月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『緑色の太陽―芸術論集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『緑色の太陽―芸術論集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする