ミッション:8ミニッツ [DVD]

3.74
  • (73)
  • (160)
  • (117)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 617
レビュー : 128
監督 : ダンカン・ジョーンズ 
出演 : ジェイク・ギレンホール  ミシェル・モナハン  ヴェラ・ファーミガ  ジェフリー・ライト 
シミズさん タイムトラベル・ループ系   観終わった 

列車の中で目覚めたコルターは
目の前のビョーク似の女性に「ショーン」と呼ばれ、
えー違うしあなたのこと知らないしと当惑しながらトイレに駆け込む
→鏡に映る顔は自分ではない!?
→そして列車が大爆発!
我に返ったコルターは自分がコクピットのようなものの中にいることに気づく。

そこで受けた説明は、
今朝シカゴ行の列車が爆破テロに遭遇して乗客全員死亡、
犯人によるとこの後シカゴで核を用いた爆破テロ予告がありました!
死亡した乗客のうちショーンという男の死の直前8分間の
脳内記憶にコルターがアクセスできるので
その8分間で犯人を探して下さい!では再びどうぞ!
と全く心の準備ができないまま(次のテロまで時間がないのもあり)
また爆破8分前に戻るのでした。

戻るたびに目の前にビョーク似の女性(クリスティーナ)がいて
どうやらショーン(コルターが入る前)のアドバイスにより
ロースクールに通うことを決めたり、彼氏と別れることを決意したりなど
ショーンのことを憎からず想っている様子。
またショーン自身の手帳にも『クリスティーナをコーヒーに誘う(予定)』と
書かれていたりして、この後の展開を考えると。・゚・(ノА`)・゚・。

8分間リピートの超ネタバレ展開は下記↓
------------
1回目:何が何だか分からないまま列車爆発
「とにかく犯人を探して下さい」
2回目:トイレ天井裏に爆弾発見
     →乗客に携帯などの電波を発生する機器使用を止めているうちに
     もみあいになり列車爆発
3回目:トイレから出てきて下車した男を怪しみクリスティーナと共に下車
     →ホームにいるその男の携帯を取り上げようとして
     もみあいになるが結局列車爆発
     →コルターはホームから転落して轢死
「車掌室金庫の拳銃使用許可が出ました」
4回目:車掌室の金庫にある拳銃を取ることに成功
     →乗員に捕まり拘束されているうちに列車爆発
「犯人はドライバーなどを所持しているはず」
(グッドウィンの肩章?目撃)
5回目:爆弾に使用している受信用携帯をゲット
     →電話をかけた時に携帯を持っている乗客のバッグを探るが
     その乗客は特にドライバーなどは所持していなかった
     →一方肩章の手がかりから軍関係っぽい乗客のスマホを借り
     グッドウィンの所属部隊などが判明する
     →クリスティーナが読んだ新聞情報から
     コルター自身も既にアフガンで死亡していることが判明
     →画面がバグって終了
6回目:爆弾に使用している受信用携帯をゲット
     →車掌室の拳銃ゲット
     →毎回下車前にサイフを届けられる男が
     発車直前にそのサイフを列車に戻すところを目撃
     →サイフゲットして走る列車からスタイリッシュ下車
     →その男を追うと核爆弾を積んだバン発見
     →男ともみあいになり撃たれる
     →列車は予定通り爆発
(サイフ内のIDカードから名前、バンからナンバー判明したので
 無事次のテロ前に犯人確保に成功)
7回目:受信用携帯が2つあることが分かったので2つともゲット
     →車掌から手錠ゲット+車掌室の拳銃ゲット
     →犯人を確保して手錠でつなぎ警察に連絡
     →グッドウィンにメール
     →コルターの戦友を装い父親に電話(和解)
     →同乗していたコメディアンに乗客全員を笑わせてもらう
     →クリスティーナをコーヒーに誘う(ショーンの願い)
     →以下省略
------------
結局、3回目と6回目の記憶から
ショーンの脳に残る最後の8分間だけではなく
それ以降も続く世界が構築されるはずだとコルターが気づき、
7回目に生命維持装置を切る賭けに出る訳ですね。

でもってもし8分間で終わったとしても
彼にとって価値ある8分間、
最後は乗客みんなが笑っている一瞬で終わらせたかった、
ここが泣きポイントなのです!

そしてコルターは賭けに勝ち
爆破テロが起きなかった世界構築に成功しました。
ちなみにシュタゲのように現実が再構築される訳ではなく
・爆破テロが起きた世界AのコルターA
→爆破テロが起きる前にコルターAは移動(外見はショーン)
・爆破テロが起きなかった世界BのコルターB(生命維持装置付)
結末は世界Aと世界Bは同時に存在するが
世界AにはコルターAがいなくなって
世界BにコルターAとコルターBが存在するということでしょう。
(クリスティーナが爆死しない3回目と6回目も世界は分岐したはず)

シュタゲの場合だと世界Bに収束して
コルターBの上にコルターAが上書きされるという感じ。イヤ展開だ。

まあ1番の被害者は世界Bのショーン先生ですかね…。

レビュー投稿日
2012年5月14日
読了日
2012年5月14日
本棚登録日
2012年5月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミッション:8ミニッツ [DVD]』のレビューをもっとみる

『ミッション:8ミニッツ [DVD]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする