俳優X君への手紙 (1985年)

4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
4

 帯には三国連太郎の「自伝的私小説」となっていますが、小説と硬派のエッセイのないまぜになったような内容です。
 自分が出演した映画のうち、「王将」、「無法松の一生」、「破戒」、「陸軍残虐物語」、「夜の鼓」、「異母兄弟」、「襤褸の旗」について、自分が演じた役柄を中心に批判的な視点で述べています。その中で、「陸軍残虐物語」については、たいへん高い評価をしているのが興味深いですね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 芸能
感想投稿日 : 2020年3月27日
読了日 : 2020年3月27日
本棚登録日 : 2020年3月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする