Stargirl (Stargirl Series)

著者 :
  • Laurel Leaf (2004年5月11日発売)
3.10
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 20
感想 : 4

日本語訳の本が登録されてないのでこちらに。
表紙を手にとり中の文章を読み始めたと同時に不思議な世界な感覚が手に取るようにわかった、

『素晴らしい才能』というものは誰かに評価されている、人によって作られた形ある全ての物は目にした瞬間に人によって価値を決められる。その価値の決め方はきっと今までの自分の人生で経験して誰かが評価していたものを記憶にまた自分も目にするものの価値を決めて行く。

読み終えた時に鳥肌がたって最高!!!って思ったとのと同時に自分が本当に好きなもの欲しいものがわからなくなった。それだけ周りに左右されて生きてきたのかな、でも恥ずかしいとは思わなくてそれが自分の生きやすい生き方だとおもった。

好きな人のためにその人の好きなタイプになろうとするのってすごく簡単で、服を変えてメイクを変えて髪を切ってほんの少し塩らしくしてたらよかったけどなかなか続かないんだよなーって思い出した笑

自分はスターガールのようにはいかないけど思い出し得る限りの友達や目にしたことのある少し風変わりだった人々を心から尊敬して今でもそのままでいてほしいなって思いました。

あと数ある本のなかからこれを選んだ自分最高!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年8月8日
読了日 : 2020年8月8日
本棚登録日 : 2020年8月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする