氷壁 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社 (1963年11月7日発売)
3.65
  • (140)
  • (208)
  • (302)
  • (29)
  • (7)
本棚登録 : 1940
感想 : 215
3

北アルプス穂高岳で、コンビを組む相方を滑落死で無くした。その相方の不倫相手との関係性や、ザイルの不良、自殺説、殺人説などに振り回される魚津恭太。単独行で、最後は自ら命を落とす。
冬山登山部分以外の人間模様が内容の中心。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年5月12日
読了日 : 2020年5月12日
本棚登録日 : 2020年5月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする