海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

3.65
  • (2335)
  • (3044)
  • (4822)
  • (483)
  • (117)
本棚登録 : 26165
レビュー : 2021
著者 :
盆さん  未設定  読み終わった 

主人公は15歳で家出少年の田村カフカと、文字が読めない代わりに猫と会話ができるナカタさん。2人の話が同時に進んでいく構成。
上巻は主人公と関わる人たちや巻き込まれる事件についてが主だったので、起承転結の起承といえる。

村上春樹の小説を初めて読んだが、情景や心理描写を並べる部分が多いため、読み手に想像力があれば容易だがなければ難しいという印象を抱いた。慣れるまでに時間がかかったとも言える。

レビュー投稿日
2019年6月12日
読了日
2019年6月12日
本棚登録日
2019年6月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『海辺のカフカ (上) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『海辺のカフカ (上) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする