自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

4.18
  • (41)
  • (37)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 398
レビュー : 36
著者 :
chicchi49さん  未設定  読み終わった 

読書時間:1時間半

何気に初ちきりん。シンプルな言葉ですごく本質的なことを言っていて、久しぶりに心に刺さった!

深夜まで残業しても仕事が終わらない中間管理職や、常に足りない時間と体力と戦うワーキングマザーなど、日本に溢れる「時間に追われる人」はどうすればこれからの社会を幸せに生き抜くことが出来るのか。

結論は「生産性」。ここ数年の社会を見ていると、ネットショップの台頭はショップ店員さんの付加価値の無さ、uberの台頭はタクシーの非効率性など、結局はユーザーにとって生産性があがるものが伸びていることを指摘。

私たち人間も、生産性を軸にした働き方にシフトしなければならない。ではどうするかというと、ちきりんさんの答えは「インプットを制限させること」。3倍残業すれば3倍業績が伸びるのは当たり前で、それは希少性のある時間や思考体力(インプット)を消費してるだけ。

無理矢理制限すれば、切羽詰まって生産性を上げざるを得なくなる。余計な予定を入れられないようにスケジュールをブロックしてしまう、時間がかかる依頼はたとえ社長指示でもその旨伝え、本当に必要なのか判断してもらう、等。

大企業に属する自分からすると、生産性向上のボトルネックとなってるのは間違い無く意思決定をしない、余計な照会ばかりする専務やら常務やらの名ばかり役員。彼らにこの本を読ませて、将来なくなる仕事ならぬ役職だという危機感を持って欲しい…

レビュー投稿日
2019年4月7日
読了日
2019年4月6日
本棚登録日
2019年4月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功...』のレビューをもっとみる

『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

ツイートする