マリアビートル (角川文庫)

4.06
  • (895)
  • (1207)
  • (541)
  • (71)
  • (16)
本棚登録 : 9559
レビュー : 823
著者 :
のりゆきさん  未設定  読み終わった 

好きなセリフ。

・人はね、お金に限らず、いろんな欲望と計算で動いてるんだ。梃子の原理と同じで、そういう欲求のボタンをうまく押せば、中学生でも人間は動かせるんだよ。知らなかった?性欲は比較的、その梃子が働きやすいんだ。

・校長の名前を覚えていることと、「ドラえもん」の道具の登場場面を覚えていることと、どちらが重要であるのかは明らかだ。

・人は生れながらに善くも悪くもないと僕は思うんです。善いとか悪いとかって見方によると思いますから。

・人の個性や考え方なんて、なんだかんだ言っても、結局はいくつかのパターンに分類できるんだ。

・本を読むことは、人の感情や抽象的な概念を言語化する力に繋がり、複雑な、客観的な思考を可能にした。

・人は同調する生き物なのだ。その判断がとても重要で、しかも、正解がはっきりしない、答えにくいものの場合、人は、他人の意見に同調しやすくなる。そして、「それが正しい」と確信するのではないか。

・情報を鵜呑みにすると馬鹿を見るぞ。

・人間というのは論理的に動くんじゃない。根底にあるのは、動物的な仕組みだ。

・共有した時間がいくらあろうと、消える時はそれぞれ、一人ずつだ。

グラスホッパーから6年後の話。何故、人を殺してはいけないのか。その答えの一つが書いてある。だけどそれは答えの一つで、別の答えは読者それぞれにある。「こうあるべき」という思考回路だと、王子に洗脳されてしまう。
グラスホッパーが面白かったなら、必読!

レビュー投稿日
2019年7月12日
読了日
2019年7月12日
本棚登録日
2019年6月13日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マリアビートル (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『マリアビートル (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする