戦略インサイト――新しい市場を切り拓く最強のマーケティング

著者 :
  • ダイヤモンド社 (2018年5月24日発売)
3.39
  • (6)
  • (11)
  • (14)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 154
感想 : 22
3

ある程度必要なものが行き届き、消費者のニーズも充足されている今の世の中で、世の中の「困った」に気付くための頭の使い方や方法論を紹介した一冊です。

以下、抜粋:
新たな市場を創造するとは、消費者行動に置き換えると、次のように要約することができます。
1. 今まで使っていなかった消費者が、使用する(新たな消費者セグメントの開拓)
2. 今まで使われてこなかった使用シーンで、使用する(新たな使用シーンの開拓)
3. 今までの使用目的ではない、新たな目的で使用する(新たな動機付けの開拓)
4. 今まで使う習慣がなかったか、新たな習慣が生まれて使用する(新たな使用習慣の開拓)

消費者の生活を肌感覚で理解する。そのためには、現地で生活をする、現地の消費者と同じように生活することが一番です。
・・・・・

最近のマーケティング理論で言われることですが、「モノ」ではなく、「コト」。「機能」ではなく、「体験」。

おもしろかった分析は、以下。
『最近の若い世代は、「新しい」ことよりも、「失敗しない」「外さない」ことを重視するようになってきました。バブル時代を経験していない、物心ついた時から、ずっと右肩下がりの日本を見てきた世代です。・・・「昔からあるブランドは、長い間、たくさんの人々から評価をされてきたものだから間違いがない」とリスペクトします。・・・このように市場が変化してきたことで、日本企業でも「ブランド」が大事なのではないか、という機運が高まってきました。』

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: マーケティング
感想投稿日 : 2020年3月30日
読了日 : 2020年3月30日
本棚登録日 : 2020年3月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする