津軽 (新潮文庫)

3.67
  • (157)
  • (195)
  • (300)
  • (28)
  • (10)
本棚登録 : 2175
レビュー : 200
著者 :
クレモンティーヌさん  未設定  読み終わった 

故郷「津軽」に、育ての親「たけ」に自身の生きる力である「愛」の源流を求めた太宰渾身の力作。「私には、また別の専門科目があるのだ。世人は仮にその科目を愛と呼んでいる。」心を欺くこと無く、前向きに自身を振り返った特別な一冊。「友あり遠方より来た場合には、どうしたらいいかわからなくなってしまうのである。ただ胸がわくわくして意味もなく右往左往し、そうして電燈に頭をぶつけて電燈の笠を割ったりなどした経験さえ私にはある。」素直に言い切った一文に太宰の「心の平和」が見える。

レビュー投稿日
2014年2月23日
読了日
2014年2月23日
本棚登録日
2014年2月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『津軽 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『津軽 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする