ビーナスブレンド (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店 (2005年7月23日発売)
3.74
  • (8)
  • (12)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 15
4

映画を見てから原作を読んだけれど、どちらも好きだった。
夕暮れの青から夜中の青を経て、夜明けの青に移り変わるような物語だと思う。静かな夜の川のような、どこか底知れない怖さと流されていきたいような気持ち。
登場人物の背景はほとんど見えない。どこの街とも知れない。お互いに踏み込まない人間関係、つかず離れずな感じが冷たくもあり、暖かくもあり。少しずつ関係がほぐれて、最後に主人公が過去に許されるシーンの明るさは、どこか『死神の精度』の最後の空を思わせた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 紙の本(サヨナラ済)
感想投稿日 : 2019年5月11日
読了日 : 2019年5月18日
本棚登録日 : 2019年5月11日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする