コンビニ人間

3.61
  • (649)
  • (1512)
  • (1295)
  • (296)
  • (90)
本棚登録 : 11510
レビュー : 1739
著者 :
5552さん 日本の小説   読み終わった 

『普通』って『常識』とおんなじように学ぶものだと思っていた。
『みんな』のやっていること、感じていることを学びとり、それを実行する。
『みんな』が引いたこと、やってないことはやらない。
昔からずれてるとか言われていたので、それが『常識』かと思っていた。
この小説が売れたのはそういう人が多数派だからだと思って
たんだけど、そうでもないみたい(笑)

そういう自分なので、主人公に感情移入というか肩入れして読んだ。
ときおり突っ込みを入れながら。嬉々として。
大人になって『ちゃんと普通にやってる』つもりでも
「(嫌われものの)白羽さんとお似合いじゃん」
と言われたり、飲み会に誘ってもらえなかったり...
ばれてんじゃん、主人公。

ヒーロー(?)の白羽さんは破壊力が強いな。
かれの言ってることも分からんでもない。
むしろ振りきれてるところが眩しい(笑)

最後は余韻を残したハッピーエンドかなと思った。
いろんな意味で『やべえ』小説でした。

レビュー投稿日
2017年9月8日
読了日
2017年8月8日
本棚登録日
2017年8月8日
27
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コンビニ人間』のレビューをもっとみる

『コンビニ人間』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする