時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし

3.95
  • (18)
  • (22)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 259
レビュー : 38
著者 :
5552さん ノンフィクション   読み終わった 

この本もブクログで知ったもの。

孤独死の現場を現役遺品整理人の女性がミニチュアで再現。
ミニチュアという一歩引いた表現ながらも、生々しさが存分に残る。

読んでいて一番辛かったのがペットを残して孤独死したケース。
凄惨な現場のミニチュアも目を覆いたくなるが、残されたペットの処遇を考えると、ああ、先に死ねないなと思う。
が、、、こればっかりは分からないですね。
今は家族がいるから安心ですが。

文章は平明で読みやすくすぐ読了できてしまうが重い本です。

レビュー投稿日
2019年12月13日
読了日
2019年12月13日
本棚登録日
2019年11月3日
46
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュア...』のレビューをもっとみる

『時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする