みらいめがね それでは息がつまるので

4.22
  • (26)
  • (17)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 320
レビュー : 23
制作 : ヨシタケシンスケ 
5552さん エッセイ、コラム   読み終わった 

評論家の荻上チキさんのエッセイに絵本作家のヨシタケシンスケさんがコラボ!
荻上さんの体験にはシンパシーを感じるところもあったし、その体験ゆえに考え方や行動を広く柔軟であろうとする姿勢は尊敬する。
ヨシタケシンスケさんの作品は初めてだったけど、ユニークな上に味わい深くて良かった。こんな作家が売れるなんて日本も捨てたもんじゃないなと思った。

以下、気になったところを引用。
 「僕は、パレードを見ると、涙が出る。自己分析するに、どうも自分は『多様萌え』なようだ。異なる者同士が、それぞれ自由に行進していている姿を見るだけで、涙腺が緩む。」
「確かに新しいメディアは、社会に新しいトラブルを持ち込む。でも、それによって救われる人もたくさんいる。片面ばかりを見てはいけない。それが一体、人に、社会に、どんんな役割を果たし得るものなのかを見なくちゃなと思う。」
 「(前略)人生は全てが教材になる。ゲームでも、ユーチューブでも。」
 「ライフストーリーをどのように語るのか。過去をどう捉え、今をどう評価し、未来になにを望むのか。そのイメージが崩れた時、人は危機に瀕する。今までの自分や、世間の『べき論』と比べることで、否定のループに陥っていく。」
「何もかもに、その考えを押し付けるな。何も知らないくせに、勝手に噂するな。何もしないくせに、土足で踏み荒らすな。何も疑わないままに、そこから査定するな。こうやって生きているんだ。何が悪い。」

レビュー投稿日
2019年6月30日
読了日
2019年6月29日
本棚登録日
2019年6月29日
30
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『みらいめがね それでは息がつまるので』のレビューをもっとみる

『みらいめがね それでは息がつまるので』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする