酔郷譚

3.47
  • (11)
  • (19)
  • (29)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 140
レビュー : 26
著者 :
53さん 2018   読み終わった 

青い絵が映える装丁に魅かれ購入。魔酒が誘うはこの世か、あの世か、はたまた来世か。そして酔郷に遊び、最後の一滴が喉元を過ぎる頃、残る余韻は現か、幻か?普段読まないタイプの幻想的な短編集、というよりは詩に近い何か。堪らなく花を愛で酒が飲みたくなる一冊だった。ただ綺麗過ぎる。ストロングゼロ民には縁のない世界だ。あと、挿入される漢詩や和歌の知識がなさ過ぎて恥ずかしくなったので勉強しようと思う。

レビュー投稿日
2018年6月1日
読了日
2018年5月31日
本棚登録日
2018年5月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『酔郷譚』のレビューをもっとみる

『酔郷譚』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする