ニュータウンは黄昏れて

3.60
  • (14)
  • (68)
  • (58)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 316
レビュー : 51
著者 :
ぴょんさん 2017年下半期   読み終わった 

その時代のニュータウンってオシャレだったんだろうな。ドラマになりそうなくらい。
現実は、通勤・通学に不便だったりしたのかもしれないけれど。
マイカーが普及するとバスの便は減るんだろうし、就職や通学で子どもたちも出てしまえば戻ってこない。そんな特殊な団地でできた友人が途中で都心に引っ越していったら、取り残された気分になるかも。変に自分と比較してしまったり。
それにしてもこの資産家の男、環はどうよ、金づるだ! と割り切ってしまえるなら大切にしてもらえそうではあるが。そこまで割り切れるかと言われれば無理だし。
できれば、お金の苦労はしたくないけどね〜。

レビュー投稿日
2017年8月18日
読了日
2017年8月10日
本棚登録日
2017年8月18日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ニュータウンは黄昏れて』のレビューをもっとみる

『ニュータウンは黄昏れて』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする