朝が来る

3.87
  • (312)
  • (660)
  • (391)
  • (46)
  • (4)
本棚登録 : 3722
レビュー : 619
著者 :
ぴょんさん 2016年上半期   読み終わった 

望んでも子どもを持てない夫婦。そんな夫婦が特別養子縁組を希望し、子どもと一緒に暮らす。
子どもを持つという望みは叶えられ、子どもにもきちんと産みの母について話す。
子どもの母親は中学生で望まない妊娠をしてしまう。育てようにも育てられない環境。
自分の産んだ子どもと離れて暮らすというのは耐えられないに違いないが、子供の将来を考えての決断。
どちらもがうまくいったと思えたのに、何かにつまづくとそこに原因を持って行ってしまいそうになる。
難しい問題ではあるが、子どものための制度。子どもの朝斗が幸せにすくすくと育っているのが1番の救い。
広島のお母ちゃん、早まらないで良かった。
佐都子の配慮に涙が出た。
そう、きっと朝は来る。

レビュー投稿日
2016年3月8日
読了日
2016年3月8日
本棚登録日
2016年3月8日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『朝が来る』のレビューをもっとみる

『朝が来る』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする