勁草 (文芸書)

3.46
  • (9)
  • (50)
  • (57)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 301
レビュー : 50
著者 :
ぴょんさん 2016年上半期   読み終わった 

橋岡はとことんついてないな。
自分の意志とは関係ないところで悪い方へ悪い方へと流されていく。その流れに乗せられてしまったら、もうどうにも止められない。そんな流れに乗せられてしまうほどの悪事に手を染めてきたからではあるのだが。
しかし、人はどうにも騙されてしまうのね。
電話による詐欺は、出ないのが1番か。確かに。
うっかり電話をとってしまっても慌てず切ってしまえばいいのかもしれない。

レビュー投稿日
2016年1月31日
読了日
2016年1月31日
本棚登録日
2016年1月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『勁草 (文芸書)』のレビューをもっとみる

『勁草 (文芸書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする