与謝野晶子の源氏物語 下 宇治の姫君たち (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (2008年4月24日発売)
4.15
  • (5)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
感想 : 4

角川書店の文庫には2種類の与謝野晶子訳『源氏物語』があり、二つは別々の作品である。この角川ソフィア文庫版『与謝野晶子の源氏物語』(上・中・下巻)は、与謝野晶子が最初に出した現代語訳『源氏物語』。後から出した、いわゆる「決定版」とも称されるのは、角川文庫版『全訳 源氏物語 新装版』(全5巻)として出ており、『新新訳源氏物語』を文庫化したもの。

こちら角川ソフィア文庫版『与謝野晶子の源氏物語』(上・中・下巻)は、北村季吟の『源氏物語 湖月抄』を典拠に書かれたもの。完成度は角川文庫版『全訳 源氏物語 新装版』(全5巻)に軍配が上がるが、これはこれで面白く読める。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 『源氏物語』&紫式部
感想投稿日 : 2011年3月13日
読了日 : -
本棚登録日 : 2011年3月13日

みんなの感想をみる

ツイートする