進撃の巨人(19) (講談社コミックス)

3.86
  • (77)
  • (172)
  • (109)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 1535
レビュー : 80
著者 :
かいさん 少年漫画   読み終わった 

読み始めてすぐ、あれ?こんな展開だったっけ?と思った。他の漫画のように、前回のシーンから、ではないからだが・・・。
敵側の視点での対巨人戦ははじめてかなあ。解説が多いので、終わりが近い感じがする。その分、初めの頃と同じくらい考えて戦っているはずなのにはらはら感が少し薄れているような。

ところで団長の、自己中心的な目的で組織を動かしているのはとても好き。そもそも『敵』に抗うのは『自分のため』だし。
持てる全てを利用して抗うのはとてもかっこいいことだと思う。巨人戦メインだけど、一般兵の活躍が多いのも好き。死力を尽くしているってわかるし、組織で戦っていることがわかりやすく、それぞれのキャラを好きなままでいられる。

今回はいつもよりさくっと読んでしまった。ちょっと物足りないくらい・・・。マンガとしてはそれで正しい。

レビュー投稿日
2016年6月26日
読了日
2016年6月26日
本棚登録日
2016年6月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『進撃の巨人(19) (講談社コミックス)』のレビューをもっとみる

『進撃の巨人(19) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする