スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

4.34
  • (1740)
  • (1088)
  • (424)
  • (66)
  • (17)
本棚登録 : 9255
レビュー : 1059
著者 :
もちこさん 図書館で借りた本   読み終わった 

人気小説家のチヨダ・コーキ、人気急上昇中の若手脚本家の赤羽環を中心として、多くの『作家』や『作家志望者』と共にアパート「スロウハイツ」での共同生活を描いた作品である。


上巻では様々な登場人物のエピソードが描かれ、伏線を張っているなと感じていたが、下巻ではそれらが回収されていく。

結果的に言えば、クリエイター達の恋愛物語である。光輝が環をずっと昔から知っていて、好きだったというエピソードは驚いたし、終わり方も良かった。

ただ、登場人物が多くて個々に感情移入し辛かったのか、あまり印象に残ることが少なく、あっさり読み終えてしまった。

レビュー投稿日
2019年9月28日
読了日
2019年9月28日
本棚登録日
2019年9月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする