愚者の毒 (祥伝社文庫)

3.95
  • (28)
  • (40)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 44
まんぷくさん  未設定  読み終わった 

初宇佐美さん。よかった!時代、場所、家庭環境の軸を複層に、飽きさせることなく一気読みさせる描き方に痺れた。どの家庭の底流にもあるそれぞれの圧倒的な哀しさと諦め。「家族」という響きが甘美な匂いを放つものというのが幻想にさえ思える貧困や絶望のなかの子どもたち。必死で逃げて、何か温かくて、確かなものを手にしたかった主人公の希美とユウの哀しみに惹き付けられる。多少多めの登場人物でも最後まで混乱せず、種明かしにも納得。こういう作品をもっと読みたい。

レビュー投稿日
2019年1月22日
読了日
2018年3月21日
本棚登録日
2019年1月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愚者の毒 (祥伝社文庫)』のレビューをもっとみる

『愚者の毒 (祥伝社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする