日本全国 ゴミ清掃員とゴミのちょっといい話

著者 :
  • 主婦の友社 (2021年8月2日発売)
3.54
  • (8)
  • (11)
  • (13)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 135
感想 : 25
4

ごみの処理を真面目に考えている自治体や企業が多数紹介されており、大変参考になった。

例えば『ベランダdeキエーロ』。初期費用以外ほぼお金はかからないと思われる優秀なコンポスト。かつて私も生ごみ処理機を購入しようと検討したが、高いし手間だしで挫折したことがある。キエーロはもう少し調べた上で良さそうだったら家で導入したい。
また、市川市の実践している「24h営業のゴミボックス」も気になる。どういう回収方法なのだろうか。
「ゼロウェイスト宣言」をしている大木町や斑鳩町も凄い。そもそもごみを出さないようにする(全部資源)という意識が私には欠けていた。
物を購入する時点で、捨てるときのことを考える。これが大事だ。

洋服のリユースに関しては元々行っていたので、今後も続けたい(本当は無駄に買わないことの方が重要だが、私にはまだ難しい)。
私の住む自治体ではごみの中からまだ使えるものを綺麗にして安価で売り出している。リサイクルするのにもお金がかかることを考えると、これからはリユースの時代なのだろうな。

まずは、何でも新しいものが良い!という意識を捨て、長く大事に使えるものを手元に置くようにしていきたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年5月21日
読了日 : 2024年5月21日
本棚登録日 : 2024年5月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする