死刑すべからく廃すべし: 114人の死刑囚の記録を残した明治の教誨師・田中一雄

著者 :
  • 平凡社 (2023年4月21日発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 54
感想 : 8
3

「教誨すれば反省し悔悟し生き直す機会があるはずだ」と加害者に寄り添う田中。中でも「色情による犯罪は教誨すれば必ず改心者となるから死刑は不要」という自信と信念。死刑不用の視点で書かれているから仕方ないが、被害者の視点がまったくないのは疑問。大逆事件の死刑囚に口を閉ざすのも?

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2023年9月12日
読了日 : 2023年9月12日
本棚登録日 : 2023年9月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする