聖者が殺しにやってくる

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013年3月23日発売)
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 4
3

代々続く名家で起きる、連続見立て殺人事件。因習に縛られた閉鎖的な田舎町に年に一度集まる親族たち、隠れキリシタンに14年前の悲劇――。クラシック・スタイルに新風が、との煽り文句でしたが、都市伝説探偵なるキャラ付けもさほど濃いものではなく、極めてオーソドックな枠に収まっています。伏線の仕込みや論理展開など、ミステリとしての出来は悪くないものの、ソツなく纏まりすぎて、やはり既定路線な感からは抜け出せません。広大なミステリの海原で埋もれないためには、おしゃま(死語?)な女子小学生とのコンビ捜査をより強調してみせるなり、謎や真相に独自性を持たせるなりしないと、なかなか難しいです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 2013年 読了本
感想投稿日 : 2013年6月3日
読了日 : 2013年6月1日
本棚登録日 : 2013年6月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする