遠き祈り-左近 浪華の事件帳 (双葉文庫)

3.50
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
著者 :
はろーすみすさん 2011年 読了本   読み終わった 

左近殿の過去篇。完結した「緒方港庵 浪華の事件帳」の続編をこういった形で読めるとは思っていなかったので嬉しいです。「あかね」や「寺子屋若草物語」とのリンクも楽しいのですが橋本曇斎が果たして「十一屋」の宗さんと同一人物なのか判断に迷うところ。
作中、キリシタンと踏み絵政策の関係に新たな解釈が与えられており、この発想の転換にはやられました。よく思いついたなぁ。
未熟な左近殿も良いです。
それはそれとして。怒っていたとはいえ弓月の平山への仕打ちはさすがにやりすぎでは? ちょっと納得できない。

レビュー投稿日
2011年6月21日
読了日
2011年6月20日
本棚登録日
2011年5月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『遠き祈り-左近 浪華の事件帳 (双葉文庫...』のレビューをもっとみる

『遠き祈り-左近 浪華の事件帳 (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『遠き祈り-左近 浪華の事件帳 (双葉文庫)』にはろーすみすさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする