観察眼 (角川oneテーマ21)

3.27
  • (9)
  • (42)
  • (70)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 387
レビュー : 59
コーヒー豆カカオラブさん スポーツ   読み終わった 

今野泰幸さんの観察眼、遠藤保仁さんの観察眼、今野さんと遠藤さんの対談、という三部構成。

神経質な今野さんと楽天的な遠藤さんの考えの違いが面白かった。でもどっちにしてもサッカーってこんなことを考えながらプレイしているんだ!という驚きがありました。

サッカーというスポーツの特殊性(ほとんど点が入らないなど)、その中での勝敗の分かれ目など、サッカーがどういうスポーツなのかということが素人にも伝わってきます。一見地味な感じもするサッカーの試合も、こんなことを考えながらプレイしているのかと知って少し興味がわきました。



●こういう風にすればチャンスをつかめるという、流れを読む嗅覚。周りの選手が何を考えているのかも意識しながらプレイする。

●パスを出す側、受ける側では感覚が違う事がある。受ける側はここにパスを出してほしいと思っていても出す側と合わずボールをとられてしまったりする。

●サッカーは最初に1点を取ると気持ち的にも優位になる。逆に先制されてしまったら、前のめりになってカウンターをくらわないように注意しつつ、少しリスクをとったプレイをしないと取り返すのが難しい。

レビュー投稿日
2016年4月23日
読了日
2016年4月23日
本棚登録日
2016年4月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『観察眼 (角川oneテーマ21)』のレビューをもっとみる

『観察眼 (角川oneテーマ21)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする