パンドラの匣 (新潮文庫)

3.84
  • (261)
  • (274)
  • (367)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 2669
レビュー : 279
著者 :
6996さん 文芸   積読 

10代のころ太宰治がすごく好きだった
手に取らなくなって久しかったが、久しぶりに女生徒を読んだのを皮切りに
未読だったこの作品も読んだ。
太宰治の著作の中で一番好きかもしれない。
死の影を背負いながら、生きてること、人生を無条件に肯定しているぐらい、前向きで光に溢れた作品。
よんでいるとフッと笑みが漏れる、作中の人物が全ていとおしい。

レビュー投稿日
2011年10月16日
本棚登録日
2011年10月4日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『パンドラの匣 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『パンドラの匣 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする