若山牧水随筆集 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (2000年1月7日発売)
3.60
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 2
5

ぼっさんこと若山牧水の秀歌と、優しい気持ちのいっぱい詰まった随筆がこれ一冊手のひらサイズに収まる最高の一冊。青空文庫でも読めるものが入ってはおりますが、やはりこう云うのは紙の本で読みたいですね。

後半「石川啄木の記」は、3編共に啄木の臨終について触れられていて、内容が被っては居るのですが、どれも牧水の、啄木その人に対する優しさと愛情が感ぜられて非常によろしいです。

玉城徹氏の解説も、タダの贔屓目だけで書かれた物では無い所が非常に良かったです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年2月14日
読了日 : 2019年2月14日
本棚登録日 : 2019年2月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする