文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)

4.06
  • (60)
  • (55)
  • (37)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 943
レビュー : 60
制作 : Jared Diamond  楡井 浩一 
Treasonerさん  未設定  読み終わった 

環境問題に関しては気が滅入るような内容が多いが、分析力や情報量が多く非常に勉強になる。 江戸時代の森林保護などは全く知らなかった事例だった。博士が自然エネルギー技術の進展に期待を寄せていないのは少し残念な気がした。
環境問題のキーとなるのは大企業を中心とする経済活動にあり、環境への取り組みが評価を得て会社の利益にとってもプラスとなる方向性に今後も進んで行くことを期待したい。 広く危機意識を持ってもらうためには、身近に環境問題由来の災害などが作用しなければダメなのか… より先見の明を持たせる啓蒙が急務と感じた。 日本の国会で環境問題について議論されることはあるのか?聞いたことがない… トランプ政権の方向性について見てもアメリカがどれだけ愚かな国かと呆れるばかりで、文明の将来に暗い影を落としている。 ゴアのような人物がまた出てきてほしいと願うばかり

レビュー投稿日
2019年7月29日
読了日
2019年7月29日
本棚登録日
2019年1月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分ける...』のレビューをもっとみる

『文明崩壊 下: 滅亡と存続の命運を分けるもの (草思社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする