教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書)

3.77
  • (16)
  • (16)
  • (20)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 198
レビュー : 24
著者 :
まーるさん  未設定  読み終わった 

欲望を統制する作法の身体化を子どもたちに伝授する。
理想と現実の折り合いをつける。
事柄志向と人柄志向のバランスを見極める。

子どもと接する上で、
常に考えなくてはならないことばかりだった。
あまり難しい言葉はなく、すらすらと読むことができた。


美(心地よさ)・善(よいか)・真(正しいか)

これは、人間の発達段階に沿って書かれてきたが、
一年間の学級経営と見立てても生かせる考え方だと感じた。

また、
生成段階の沸騰期は、集団意識が高くなる。
しかし、安定期に入ると低くなる。

という考えは忘れてはいけない。
油断して大丈夫という思いが学級崩壊につながりかねない。
集団づくり・学習課題にも当てはめて考えていきたい。

レビュー投稿日
2020年3月22日
読了日
2020年3月22日
本棚登録日
2020年3月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちく...』のレビューをもっとみる

『教育幻想 クールティーチャー宣言 (ちくまプリマー新書)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする