尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故 (小学館文庫)

4.18
  • (16)
  • (22)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 22
著者 :
みささん  未設定  読み終わった 

横山秀夫さんの「クライマーズハイ」を読んだことで、日航機墜落事故に興味を持ち、本書を拝読するに至った。
1985年に起きた同事故は、私が生まれる前の事故であったが、事故の大きさから何度も耳にしたことのあるものである。
当時のニュースや報道は見たことはないが、本書を読むことにより、事故の凄惨さや悲惨さがリアルに感じられ何度も涙した。
愛する家族を突然失ったら、絶望で目の前が真っ暗になるだろう。
だか、家族の遺体を持ち帰る為に、奮闘する遺族たちの姿は、日本人の持つ強さを感じさせてくれるものであった。

レビュー投稿日
2017年11月26日
読了日
2017年11月26日
本棚登録日
2017年11月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故...』のレビューをもっとみる

『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故 (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする