悩みどころと逃げどころ(小学館新書)

3.98
  • (15)
  • (28)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 181
レビュー : 25
7さん 思考法   読み終わった 

「日本の学校教育」をテーマに、考え方の全く異なる2人の対談をまとめた本。自分は学歴エリートちきりんさんの言う「素直でいい子」だと思う。テストで高い点を取ることで褒められたいと思っていたから、一夜漬けの勉強ばかりだったし「自分の頭で考える」ことをしてこなかった。良い発見だったのは、「自分の意見がない」のは学校の教育が原因だったというもの。大事な時期に学校的価値観を刷り込まれたことが非常に残念だし、気がつけなかった自分も反省。「学校エリートと仕事ができる人って、同じじゃない」という意見に納得。社会的評価を目指さず、納得できる自分の居場所を探していこうと思う。

レビュー投稿日
2017年4月24日
読了日
2017年4月23日
本棚登録日
2017年4月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『悩みどころと逃げどころ(小学館新書)』のレビューをもっとみる

『悩みどころと逃げどころ(小学館新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

ツイートする