アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

3.97
  • (1719)
  • (1246)
  • (1349)
  • (193)
  • (47)
本棚登録 : 13283
レビュー : 1563
七瀬。さん  未設定  読み終わった 

本屋で文庫を探していたところ、「これぞ!名作1位」と書かれており、思わず手に取り購入。
物語の展開は、日本人の私からしたら全く異質のもので、広大な草原や砂漠を想像しながら読めて楽しい。

夢を追う主人公の青年がさまざまな人との出会いの中で生きる知恵を学んでいく。ファンタジー要素がやや強い気もするが、その土地ならではの宗教や信仰心もあり、それなりに納得できる。

もっとも心に残ったのは、旅の中で出会った馬使いの男の言葉である。「私は過去にも未来にも生きていない。人生は、今私たちが生きているこの瞬間。」なんともシンプルだが、人生の核心を突いている。夢を見て、夢を追い、未来を期待するが、そんな先のことは誰にもわからない。一つ一つの前兆に気づきながら、今に集中すること。
夢を追う人は是非読んでみてください。

レビュー投稿日
2019年2月4日
読了日
2019年2月4日
本棚登録日
2019年2月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫...』のレビューをもっとみる

『アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする