チルドレン (講談社文庫 い 111-1)

著者 :
  • 講談社 (2007年5月15日発売)
3.86
  • (3109)
  • (4480)
  • (3901)
  • (345)
  • (44)
本棚登録 : 35905
感想 : 2880
5

伊坂幸太郎さん初めましてだけど、この本とても面白い!!
陣内を中心に起こる事件の数々。謎が気になりすぎて、ページがどんどん進んだ。謎が解けると、少し戻って読み返したくなる!


私は陣内にとても惹かれました。きっと登場人物たちも、陣内に対して傍迷惑でちょっとおかしな奴って思っている反面、自分には持ってない正義感の強さや、物事の核心をつく発言の数々に魅了されていると思う。
特に私が魅力的だなと思ったところは、ステレオタイプな考え方に捉われていない所。これはこう考えるのが一般だ、とされてる事に対しても純粋な気持ちで「それは違う。」と言えるところがすごいなと思った。

いくつものハッとさせられる発言や突飛な行動だなと思える事でも、後々意味がある事だったんだと分かると、陣内はどこまで物事を見透かしているのだろうと不思議に思った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年5月31日
読了日 : 2020年5月31日
本棚登録日 : 2020年5月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする