鳥頭対談―何を言っても三歩で忘れる (朝日文庫)

3.21
  • (7)
  • (11)
  • (48)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 121
レビュー : 16
ハルナさん 対談ほか   読み終わった 

壮絶な内容をさらっと書いてあり、面食らいながら読みました。
悲壮感さえげらげら笑い飛ばす勢いに圧倒されます。

何度も衝撃をうけるのですが、読むのを止められません。

身内、出版社、新聞社などの暴露話が特に面白いです。
ただ古い本なので、出版業界などは状況が変わっているかも知れません。

群さんの本は子供の頃よく読んだのですが、こんな方だとは知りませんでした。
対談を読んでみると、人となりを伺えて面白いです。
(若干、西原さんに引きずられている感がありますが)

それにしても、子供が稼ぐようになると、倹しい母親がこんなに変わるものかと、取らぬ狸ながら少々不安になりました。

レビュー投稿日
2011年9月8日
読了日
2011年9月1日
本棚登録日
2011年8月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鳥頭対談―何を言っても三歩で忘れる (朝...』のレビューをもっとみる

『鳥頭対談―何を言っても三歩で忘れる (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする