レディ・ジョーカー〈下〉

3.77
  • (196)
  • (164)
  • (313)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 1241
レビュー : 138
著者 :
810073さん 国内ミステリ   読み終わった 

※途中で犬が登場しますがこの子は無事です。

同じ組織人でも、合田と半田は「警察」に絡め取られて煩悶しているのに対し、城山社長や倉田さんは「大企業」のしがらみはありつつも自分で自分の落とし前をつける権利を持ち、それを行使しました。
加納の検察(またはそれが位置付けられる社会機構)への悲嘆も併せて考えると、組織との折り合いの付け方としてこれは相当にハッピーエンドと言っていいのではないでしょうか。
私はある種の爽やかささえ感じました。

コン・ゲームっぽい始まりのわりに、犯行中の犯人視点が全くなくて珍しいなと思っていたのですが、下巻に入って納得です。
とりたてて描写する必要もないほど、平熱の犯行だったんですね。
半田は例外ですが。

あと終章に関しては、根来さんどころか司祭も薄々感づいてたんだと思いました。

レビュー投稿日
2020年1月6日
読了日
2020年1月6日
本棚登録日
2020年1月6日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『レディ・ジョーカー〈下〉』のレビューをもっとみる

『レディ・ジョーカー〈下〉』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『レディ・ジョーカー〈下〉』に810073さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする