誰か―Somebody (文春文庫)

3.33
  • (185)
  • (659)
  • (1246)
  • (198)
  • (35)
本棚登録 : 6482
レビュー : 588
著者 :
812yasuさん 小説   読み終わった 

久しぶりに読んだ小説。今まで読んだ宮部みゆきの作品に比べると比較的ホラーの要素が弱く、人物描写に重きを置いたような作品だった。それでも次の展開が気になってどんどん読みたい気持ちにさせるあたりは流石。

人は誰もが平穏な顔をしているが怖い過去を持っている。ピンチになれば何でもする、というセリフが妙に頭に残った。また、どんなバカでも相手の嫌なこと言われたくないことを的確につくことができる、というセリフも妙に納得いった。

お金持ちの家に逆玉の輿で結婚した彼の葛藤の描き方も非常に上手だった。もう一波乱あったらさらに面白かったのかな~と思う。

レビュー投稿日
2012年4月19日
読了日
2012年4月19日
本棚登録日
2012年4月19日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『誰か―Somebody (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『誰か―Somebody (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする