1ポンドの悲しみ (集英社文庫)

3.33
  • (169)
  • (396)
  • (953)
  • (119)
  • (33)
本棚登録 : 4168
レビュー : 416
著者 :
ゆんさん  未設定  読み終わった 

学生の時にこの本を見つけた時は
短編集にも30代の人達の生活や葛藤にも
全く興味がなかったのに

10年以上経った今、興味を持って
前から知ってたこの本を
買って読む気になって

読んだら
いろいろ考えさせられて
あの時と比べて
自分も何かが変わったのかな、と思った。

石田衣良さんは富裕層の表現がうまいので
自分の生き方と登場人物の生き方を比べて

今までの人生、違うの選択肢を選んだ方が
もっと幸せに生きられたのではないか。
と考えさせられることもあるけど

自分はこんな人生を選んだ
違う人はあんな人生を選んだ

っていうことを
客観的に見れれば
もっと楽に生きられるのかもしれないですね。

レビュー投稿日
2019年4月28日
読了日
2019年4月28日
本棚登録日
2019年4月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『1ポンドの悲しみ (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『1ポンドの悲しみ (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする