偶然の祝福 (角川文庫)

3.37
  • (104)
  • (216)
  • (553)
  • (66)
  • (6)
本棚登録 : 2039
レビュー : 277
著者 :
しろさん 小川洋子   読み終わった 

短編集。話を描く女の子・女性たちの物語。何話かつながってるのもあるっぽい。
小川さんの作品の中では、私はあまり好きじゃない部類に入るかも。
ただ、不思議で。すごく絵になるっていうか、イメージが印象に残る。
黒ずんで冷たくなってしまった動かない腕をもった男の人。
水の袋
本の袋を取り付けた男。
好きじゃないっていうのも、イメージが湧きすぎて、いやなシーンがあるせいかも。綺麗じゃないって言うか、何て言うか。いや、表現できれいな気がしてくる。でも…うーむ
「キリコさんの失敗」の話は、リコーダーのとことか好きだな。
失踪者たちの王国の雰囲気っていうか、失踪していくその空気感?は好きかも。
何て表現すればいいのか、よく分からなくなってきた。いつかリベンジ

レビュー投稿日
2012年10月11日
読了日
-
本棚登録日
2012年10月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『偶然の祝福 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『偶然の祝福 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする