いつも余裕で結果を出す人の複線思考術

著者 :
  • 講談社 (2015年11月25日発売)
3.42
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 99
感想 : 7

「声に出して読みたい日本語」の斎藤孝さんの本。仕事を効率的に、人間関係を円滑にするためのメソッドがかかれていて、参考になった。
・この話は何のためにしているのか、相手の話とどういう文脈でつながっているのか、を意識して話す
・顧客のために=自分の内的な欲求を実現したい、顧客の立場で=他者の願望をかぎとって実現させてあげたい
・相手が一番エネルギーをかけたところを見る
・相手の好きなものに関する質の高い情報を提示する
・相手のストレスに反応する
・自分でコントロールできないことを気にしない
・ここぞ、というときに一気にエネルギーを注ぎ込む
・部分を見る目=相手の足や手首がどう動いたかを見る、全体を見る目=相手の気配を感じとる
・自分の中に明確なルールを持つ、ルールを持つ人は周囲から理解されやすい

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2015年12月25日
読了日 : 2015年12月25日
本棚登録日 : 2015年12月25日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする