90秒にかけた男

  • 日経BPマーケティング(日本経済新聞出版 (2017年11月1日発売)
3.67
  • (8)
  • (14)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 148
感想 : 16
4

1.伝えるプロが書いた本なので気になりました。

2.TV通販王と呼ばれた髙田明氏が経営や販売における理念を伝えた本です。元々はカメラ屋として営んでいたのですが、意を決してカメラ以外にも取り扱うことにし、スタジオを作って宣伝することに専念し始めてます。
タイトルでは「90秒にかけた男」と書かれているので単なるノウハウ本と思われがちですが、髙田氏の人生について書かれてます。また、世阿弥を通じて人生において大切にしている部分を述べております。自叙伝的な要素もありながら、価値観についても知ることができる本です。

3.「我見、離見、離見の見」という世阿弥の言葉を常に意識していながらビジネスに取り組んでいることが流石だなと思いました。他人からの目線を忘れないことはもちろんですが、その他人すらも客観的に分析することが大切なのが心に響きました。「顧客目線を忘れない」のは当たり前ですが、人の流れを把握してくということを忘れずにビジネスをしていきたいと思います。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年9月9日
読了日 : 2022年9月9日
本棚登録日 : 2022年6月4日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする