高村光太郎詩集 (岩波文庫)

3.82
  • (40)
  • (21)
  • (58)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 396
レビュー : 39
著者 :
侑希さん  未設定  読み終わった 

穂村弘さんに触発されて、短編とか詩にはまってます。
でも、古典はけっこう苦手だったんです。中原中也とか挫折しましたからね…。

でも高村光太郎は、なんだか惹かれるものがありました。
言葉が、激しい響きをもって心に届く感じです。

憤り、
羨望、
祈り、
自然から多くを感じて、
時にはそのままの姿に
時には擬人化して。

私が感じるよりも彼の世界は鮮烈だっただろうな、と思います。

文は不思議なことに、具体的なんだけど、それでいて抽象的な印象を受けます。
率直に書いてみましたが、私のしょぼいボキャブラリーでは伝え切れません…。興味がわいたら、是非読んでみてください。

レビュー投稿日
2010年5月31日
読了日
2010年5月31日
本棚登録日
2010年5月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『高村光太郎詩集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『高村光太郎詩集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする