新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

著者 :
  • 宮帯出版社 (2014年10月10日発売)
3.83
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 7
5

あの『真田丸』で「関ヶ原を1分で終わらせた」「大河史に残る"超高速関ヶ原"」と話題になった戦いだが、案外的を得ていたのかも。勝敗が小早川秀秋の裏切りによって決したという説は揺らがないのだが、合戦にまつわる様々な通説に新たな解釈が加えられる。そもそも関ヶ原合戦自体の位置づけが異なっていて、家康にとって実は天下分け目の大戦と勇ましく出陣したわけではなく、公儀から排除され、戦う大義名分も何一つないまま、非正規軍の頭目として、改易などの処分を畏れ焦り暴走気味の反石田三成派の諸将に半ば押される形で戦っただけだった。

苦しいのは新たな新説が打ち立てられるわけではないこと。というのも未発見の新資料を元にしているわけではなく、既存資料の矛盾を指摘するなどして選り分けているだけなので、新しい解釈ではより分からない空白部分が広がった印象だ。ただ単に後世につくられたフィクションだと切り捨てるだけではなく、架空の話がいかにでっちあげられ創作されていったかを推理しているのは面白いところ。必ずしも徳川史観に彩られた都合の良い改変によるものばかりではなく、より劇的でスリリングにと、語り伝える上で欠かせない脚色が徐々に加えられたのだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年2月9日
読了日 : 2017年8月24日
本棚登録日 : 2018年2月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする