直感力 (PHP新書)

3.52
  • (55)
  • (168)
  • (174)
  • (30)
  • (10)
本棚登録 : 1434
レビュー : 185
著者 :
ちゃんげんさん  未設定  いま読んでる 

僕は何かを選択する時に直感というものを日々の生活の中で大切にしている。
将棋の世界で一流のプロ棋士である羽生棋士が考える直感力とは何か、一流の人の直感力を学んで自分の人生に生かせるものを探してみたくてこの本を手に取った。

『この本を通じて感じたこと』
「直感で決めました。」と聞くと、行き当たりばったり的、責任感の薄い選択というような印象を受けることはあると思う。
しかし、羽生さんは、直感とは論理的思考の蓄積により導かれるものであると言う。
つまり、直感とは、今までの経験に基づいた無意識下で行われる瞬間的な論理的思考により下される決断。
この言葉を聞いてとても納得させられた。

そして、直感力を磨くために最も必要なことは「経験」であるらしい。
経験をどれだけたくさん積み、多様な価値観を自分の中に持ち、選択の可能性を広げること。
それによって何か選択や決断をしなければならない時、周りの意見や世間体などの外部環境に惑わされることなく、自発的な行動によって得た自分の内にある経験、知識に基づき形成された自分の人生の軸に従って選択、決断をすることができる。
これによってその選択がベストでなかったとしても、それなりに自分自身の選択に納得感を持てるし、次の選択でミスする可能性が小さくなると言う。


将棋はひとつの場面で約80通りの可能性があり、その中から一瞬で2つか3つの可能性に絞り込み、残りの選択肢を捨てるらしい。それでもミスをすることはあるし、ベストな選択ができることは稀だと言う。
まさに直感力が必要とされ、それを磨かなければベストな選択どころかベターな選択すらすることは難しいだろう。

この話を聞いて将棋は人生に例えられると僕は思った。
私たちは日々の生活の中のあらゆる場面を選択の連続によって過ごしている。
例えば、今日のお昼はご飯にしようかパンにしようか、今日の夕食は友達と外食しようか帰宅して家で自炊しようか
といったささいなものですら。
よく人生は選択の連続と言われるが、私たちは受験校を決める時や就活、告白のタイミングといった重要なターニングポイントでない限り、ほとんどの場面においておそらく無意識下で選択を瞬間的に行なっている。
それでもそれらの選択は全て自分自身の中にある経験、人生観に基づいていると思う。
将棋であれば「目の前の相手に勝つ」ことが棋士にとっては最大の目標であり、最大の喜びであるだろう。
同じように膨大な選択肢の中から自分の人生の幸福度を最大化する選択をできたら、今日より明日、明日より明後日とより良い人生を送ることができると思う。
そのためには悩んだり考えたり、失敗したり、時には無駄だと思うことでもいつかきっと役に立つと考えて取り組んだりする「快くない経験」を若い時にたくさんすることが直感力を磨き、選択の可能性を広げ、幸せになる近道なのかな。
楽して幸せや成功はつかめないんだなと改めて思った。


また、羽生さんの生き方、考え方を知り、人生そんなに焦らなくていいんだよ、無理しなくていいんだよっといったメッセージを自分は受け取って少し心が軽くなった。
例えば、、、
完璧主義に囚われないこと、時には潔くあきらめること、思い通りにならない自分を楽しむこと、変化を楽しむこと
どれも心に余裕がなければできないことだと思ったし、その余裕は圧倒的な経験から来るものかなと思う。


『好きな言葉』
自分が予想しなかった何らかの出来事で状況が変わることがある。それは自発的な行動の中から生まれてくるものでその小さなきっかけを意識的にたくさん作っておけば、訪れる転機の回数も増える。
転機とは、天気のようなものでいつどのように変わるかは分からない

レビュー投稿日
2019年11月15日
本棚登録日
2019年11月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『直感力 (PHP新書)』のレビューをもっとみる

『直感力 (PHP新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする