日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声

  • 筑摩書房 (2011年8月8日発売)
3.96
  • (8)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 15
4

鶴見俊輔さんは、小学校しか出ていない。その後の学歴は失敗ばかりで、退学させられた。しかし、ハーバード大学卒。「アメリカは、(学歴の)過去は問わない」と(笑)。いやはや、チャーミング。

日本の教育に適性がなかっただけで、頭脳明晰な人。私は鶴見さんを、そのように捉えている。

同様の学歴の方に、吉川英治さんや長谷川伸さんがいる。

敗者の経験があるからこそ、物事に対して多面的な視点を持ち得る。おもしろい対談集だった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2024年4月14日
読了日 : 2024年4月14日
本棚登録日 : 2024年4月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする