ごん狐

3.68
  • (6)
  • (15)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 13
著者 :
なぁさん  未設定  読み終わった 

こんな結末だったなんて…
まだ幼い小狐のごんは、一人ぼっちの寂しさを知っていたのだと思う。
同じ境遇となってしまった兵十に元気を出して欲しかった。
でも、まだ幼いごんは、悪戯をしてしまった事と、怪我をさせてしまったという負い目で、直接謝ることもできず、黙って隠れてそっと不器用な優しさを送ることしかできなかった。
兵十も、その優しさである贈物に、誰からのものなのか、真剣に確認もせず、ただ感受するだけだった。
ずっとごんは兵十に謝って、そして、ちゃんと友達になりたかったのかもしれない。最後のセリフに、小さく頷く表現は、兵十を恨んでいるとは到底思えなかった。
お互いがもう少しうまく歩み寄れていたら…そうすればまた違ったのだろうか…
あまりにも…やるせないです…

レビュー投稿日
2020年1月12日
読了日
2020年1月12日
本棚登録日
2020年1月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ごん狐』のレビューをもっとみる

『ごん狐』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする