山頭火句集 (ちくま文庫)

著者 :
制作 : 村上護 
  • 筑摩書房 (1996年12月1日発売)
4.02
  • (39)
  • (31)
  • (33)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 378
感想 : 39
4

孤独を愛しているようであり、一人を嫌っているようであり、寂しさがあり、自然があり、そこに山頭火の死への憧憬すら見え隠れする。
滑稽さと静寂が染み入りました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年2月20日
読了日 : 2021年2月20日
本棚登録日 : 2021年2月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする