八月の光 失われた声に耳をすませて (創作児童読物)

4.18
  • (5)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 6
著者 :
Sirokumaさん 児童書   読み終わった 

この本で読んだ一人一人にはちゃんと顔があって、日常の細やかな暮らしがあって、生きてきた日々があった。
至極当然な生きるという行いを、いったい誰がなんの権利で奪うに至ったのか。
ただただ泣けてくる。許せない。

レビュー投稿日
2019年6月19日
読了日
2019年6月19日
本棚登録日
2019年6月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『八月の光 失われた声に耳をすませて (創...』のレビューをもっとみる

『八月の光 失われた声に耳をすませて (創作児童読物)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする