SHOE DOG(シュードッグ)

4.04
  • (224)
  • (271)
  • (132)
  • (21)
  • (7)
本棚登録 : 2916
レビュー : 269
高岡  亮さん マーケティング   読み終わった 

『SHOE DOG』
ナイキ創業者 書き下ろし。
この本の何がわくわくなのか?
それは、見慣れた、街に溢れるNIKEが一代で築かれたことの物語の背景です。

どれだけの靴、シューズ好きのオーナーと仲間が集い、
NIKEを創りつづけたのか?

訳がまた心を打つんです。
まるで、かれが、そう、創業者自身が日本語で語り部したような文章だから、、、。

創業時の資金ぐりの苦しさ。
仕入れが出来ないジレンマ。

おそらくその原体験がNIKEを創りだしたのでしょう。

ファイナンス畑の僕としては、NIKEの資本政策も見逃せない場面でした。
議決権がない株式を混ぜての上場。
独立性を保ちながら、資本市場に参入する。
その策略が当時にあったことが先進的です。

『ピクサー』とこの『SHOE DOG』の書き下ろし。
この二つは、最高でした。

いつか映画、映像としてもみたい書記です。

#読書好きな人とつながりたい。

レビュー投稿日
2020年2月24日
読了日
2019年9月23日
本棚登録日
2019年9月23日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『SHOE DOG(シュードッグ)』のレビューをもっとみる

『SHOE DOG(シュードッグ)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする